本文へスキップ

昴システムズ株式会社は業務システムを専門とする経営支援会社です。

TEL. 052-739-2085

〒463-0003 愛知県名古屋市守山区下志段味穴が洞2271-129
サイエンス交流プラザ

在庫が合わなくなる理由PRIVACY POLICY


きちんと管理をしているつもりでも、在庫が合わなくなることが度々発生します。在庫のズレは利益にも影響する問題です。「商品管理のために市販のソフトウェアを使い始めたが、在庫にズレが生じる」とお悩みの方もいらっしゃると思います。
在庫が合わなくなるのには必ず理由があります。


入力するタイミングのズレ

午前に商品を出庫し、その情報をシステムに入力したのが夕方になった場合、出庫してから入力するまでの間、コンピュータ内の情報と実際の数にズレが生じます。同じようなことが繰り返されると、在庫差異の発生といった問題が発生してしまいます。
これが原因で在庫にズレが生じる場合があります。


出庫時のミス

商品を出庫する際、出庫する数を間違えたり、発注された商品とは違う商品を出庫したりしてしまうと在庫が合わなくなります。一つ一つ手作業で数を数えたり、目視だけで商品を探したりしている場合は、このようなミスが発生しやすくなります。
人は誰でもミスをすることがあるので、運用を改善してミスを少なくできるように働きかけることが大切です。出庫時のミスを削減するために、バーコードや電子タグを使った在庫管理システムを利用する企業が増えています。


運用が統一されていない

商品の入庫・出庫に関する運用が統一されていないと従業員が各々のやり方で作業を行うため、在庫が合わなくなる可能性が高くなります。日々行われている基本的な運用だけでなく、返品された商品の管理・正式な注文を受けていない商品の出庫・破損させた商品の処理などイレギュラーな処理に対する運用も決めておく必要があります。
在庫管理をシステム化する前に、あらゆる状況を想定して運用ルールを設定し、マニュアルを作成することで、在庫の差異発生を防ぐことが出来ます。


在庫管理を自社に合っていないパッケージソフトで済ませようとすると、逆に作業効率が落ちる恐れがあります。「在庫の差異をなくしたい」「在庫を減らしたい」とお考えであれば、貴社独自のソフトウェアを開発・導入することをおすすめします。