本文へスキップ

昴システムズ株式会社は業務システムを専門とする経営支援会社です。

TEL. 052-739-2085

〒463-0003 愛知県名古屋市守山区下志段味穴が洞2271-129
サイエンス交流プラザ

実地棚卸の目的PRIVACY POLICY


実地棚卸は商品の数が多いほど時間がかかるため、面倒に感じている方がほとんどだと思います。手間のかかる実地棚卸の時間を短縮するためにバーコードを用いた商品管理システムを導入する企業も増えています。システムを導入することで業務を簡単にできれば、時間コストは削減されますが、その前に実地棚卸の目的を把握しておきましょう。


実地棚卸とは

実地棚卸とは、棚卸資産(商品や消耗品の在庫)の数量を確認するために、実際に在庫を手にとって計量・点検する作業のことです。実地棚卸にかかるコストを削減するために、入出庫管理表を作成して入庫・出庫の度に個数を記録する帳簿棚卸を行っている企業もあります。


在庫数量の把握

実地棚卸の主な目的は、正確な在庫数量の把握です。決算時、正確な在庫数量を把握しておかないと会社の儲けが分かりません。儲けが分からないと、正確な税金の計算も出来なくなってしまいます。実地棚卸を行って実際の在庫数量と帳簿棚卸高を照らし合わせることで、会社の業績をきちんと知ることが出来ます。


商品管理の維持向上

棚卸は決算のために行う作業というイメージがあると思いますが、商品管理の維持向上という目的もあります。実際に商品を手にとることで、保管状況や破損の有無、不動在庫のチェックが出来ます。


実地棚卸の作業時間を短縮したい方や、在庫管理にお悩みの方は在庫管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。ソフトウェア開発を行っている昴システムズ株式会社へご相談ください。長年の経験を活かして、現場の特徴に合わせた業務改善提案をさせていただきます。