本文へスキップ

昴システムズ株式会社は業務システムを専門とする経営支援会社です。

TEL. 052-739-2085

〒463-0003 愛知県名古屋市守山区下志段味穴が洞2271-129
サイエンス交流プラザ

新システム導入後の運用方法PRIVACY POLICY


新しいシステムを導入していただいた後には、その費用対効果を最大限発揮するためにもシステム導入の目的に沿った運用が求められます。


システム導入後に起きかねないリスクとは

独自のシステム開発を行う目的は、データの一元化やビジネススピードの高速化など様々です。 しかし、誰でも使いやすいシステムを目指すことで考えられるリスクもあります。例えば、顧客管理システムや日報管理システムには社外秘の機密事項も多く含まれているため、機密漏えいというリスクが考えられます。

また、システム導入後に良くある事例として、運用業務が属人化してしまうリスクも想定されます。 だからこそ、しっかりとした運用対策を計画しておきましょう。


運用ルール・ポリシーの明文化

上記のような、システム導入後のリスクを防ぐためには、運用ルールや運用ポリシーを定めて明文化しておくことが有効な対策方法の1つです。開発の目的に合わせ、いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように活用するのかを決めておけば、導入後に考えられるリスクの防止や適切なシステム運用の維持が期待出来ます。


スムーズな運用のために

システムの運用ルール・運用ポリシーを定めたなら、次はそのルールやポリシーを維持していくための仕組みづくりの段階になります。多くの企業様で行っているシステム保全方法としては、次のようなものがあります。

  • ルール・ポリシーを冊子や光学ディスク媒体で保存し、いつでも確認出来る体制を整える。
  • ルール・ポリシーの周知・徹底や機密漏えいに対するモラル勉強会を実施する。
  • 重要な変更の必要がある時には、一定以上の権限を持った役職員の許可が必要な仕組みにする。

システム開発は、簡単に言ってしまうと業務効率を上げるための仕組み・ツールづくりです。
導入前にシステムの運用ルールを定めておくことは、よりスムーズなシステム運用につながります。


昴システムズ株式会社は、名古屋近隣で企業様の個性に合わせた販売管理・在庫管理などのシステム開発を承っておりますので、導入後のシステムの維持管理のノウハウに関してもご相談ください。