本文へスキップ

昴システムズ株式会社は業務システムを専門とする経営支援会社です。

TEL. 052-739-2085

〒463-0003 愛知県名古屋市守山区下志段味穴が洞2271-129
サイエンス交流プラザ

在庫管理上注意すべき不良在庫とはPRIVACY POLICY


商品の在庫管理をする重要な目的の一つには、不良在庫を極力減らすということが挙げられます。こちらでは不良在庫とは何か、ということに注目しています。


不良在庫とは?

当社では、不良在庫の把握を目的として在庫管理システムを導入される企業様からのご相談を承る機会が増えています。不良在庫とは簡単に言うと販売出来る見込みが無く、且つ企業様の資金繰りを圧迫している在庫ということになります。
一定期間売買の動きが無い、在庫回転率が悪い、不良品・賞味期限切れの在庫が不良在庫として挙げられます。近年は特に不良品や賞味期限切れに対するお客様の目が厳しく、万が一市場に出回ってしまった場合には、企業のブランドイメージに大きなダメージを与える危険性も否めません。


不良在庫が及ぼす影響

不良在庫は販売できる見込みが全く無い在庫。仕入にかかった費用を取り戻すには、他の商品の売上げで補う必要があります。また、不良在庫にかかる税金や資金繰りの圧迫をすることも考えられます。保管場所にかかる経費や人件費といった管理コスト、処分するにも処分費用がかかることもあり、コストは嵩む一方となります。


「適切な」管理が必要

不良在庫は企業経営上のリスクを高めるものですが、在庫を多く抱えること自体が悪いことではありません。例えば、確実な売上を見込むことが出来る売れ筋商品の在庫は、生産性を高めお客様にいち早く商品を提供することにもつながります。
従って、在庫数の軽減によるコスト削減を考える上で重要なことは、在庫を「適切に」保有しておくことではないでしょうか。


バーコードを使った在庫管理をはじめ、在庫管理方法は様々あり、業務形態に応じて変える必要があります。各企業様の商品管理に合わせた在庫管理システムは経営に不可欠なツールの1つです。 当社には在庫管理や顧客管理、集客支援など、様々なシステムを名古屋市を中心に各地の企業様への納入実績があります。在庫管理に関することは、昴システムズ株式会社にご相談ください。